8・30

2015年9月1日 05時10分 | カテゴリー: 活動報告

八王子駅前→国会前の抗議行動。 うちの子どもたち全員が、偶然、自分たちの日々の活動がなく、 “これは一緒に行って、体感すべし!” と誘い、家族で参加した。 (夫は出張中で残念)    中学生の感想。「今日は参加して良かった。 “こどもを守れ” とか、みんな言ってくれてて、泣きそうになった。 それから、ほんとに怖くなって泣きそうになった。」 なにより、「民主主義ってなんだ?」「これだ!」のコールが気に入ったようだ。 まだ柴犬のような小学生は、国会前の最前線近くにたどりついてしばらくすると、「何時までやってるの?」と聞いてきた。 先の見通しがわからないのは不安だろうと思い、おおよその時間を伝え、身長が低い人には相当な圧迫感だろうから、脇の街路樹の下に場所を移し、緊張感の和らぐ場所に陣取った。

いつも静かな高校生は、スマホで写真をパシャパシャ写している。 いろんなのぼりやプラカードを撮っている。 ちょっと文化祭っぽいノリで、いろんな作品を楽しめる。 なかなか都心にそろって出てくる機会も少ないので、帰りはついでに、女子がずっと行きたがっていた新大久保(K-POP好きのため)へ寄り道というおまけつきの1日だった。

 

実は私、国会前行動に参加したのは、今回が初めてです。 行かなきゃならない日はたくさんあったし、行きたい思いもあった。 でも、本当に必要な会議と重なったり、朝からバタバタ家を出ていて、このまま出かけちゃったら、みんなの夕飯が…って理由だったりで、なかなか行けないのが現実。 やっぱり、どうしても、日常生活が一番大事なのだから。だけど、思っているだけで何もやらないわけにはいかない。 29日は南大沢駅前で、生活者ネットワークとして、夕方街宣を行ったが、呼びかけに応じて、チラシまきに駆けつけてくれた方々がいる。 自分のできる時間に、できる範囲で、手を足を動かしてくれている。それぞれの生活にあった、得意分野での、身の丈サイズの政治参加。 地域の皆さんと日々、積み重ねてゆきたいです。