ローカルな活動の大切さ

2017年5月28日 10時44分 | カテゴリー: 活動報告

今年は生活クラブの運動の中から代理人を送りだして八王子では30年という節目の年。市民の代表ではなく代理人を議会に送り込み、the市民の声を最もローカルな政治の決定の場に届ける運動はどのように始まったのか。「台所から始まった政治参加~代理人運動のはじまり 生活クラブから生活者ネットへ~」(生活クラブ顧問の河野栄次さんの講演)を、地域協議会との共催で開催しました。生活を豊かにするために、生活協同組合を立ち上げ、市民利権を得るために代理人を送りだす運動を始めた…というお話しを聞き、私は”市民利権”という言葉が最も頭に残りました。一住民として地域の顔なじみの議員にお願いごとをすることと、一人ひとりが自分の持つ権利を意識して代理人を活用することの違いについて、改めて考えさせられた機会になったのではと思います。

一から築きあげてきた世代から次の世代への引継ぎという点において、働き方や子育てが時代が変わって変化している中、様々な課題がありますが、初心の思いを知り共有することは、今そしてこれからを担う私たちにとって重要です。暖かくなり新緑の美しい季節となりました。はつらつタイムなどにぜひお出かけ下さい。お待ちしています!